天使MO笑UNO

天使のお陰で凄く幸せな笑顔に包まれている仙人パパの全てがリアルな話 恋愛 結婚 離婚 趣味 子育て スピリチュアル 趣味 アンチエイジング

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷の治し方 まるで魔法の様です 驚愕です

2006-04-19
結婚 離婚 育児 子育て 教育 ブログ
凄いホムペを友人から教えて頂きました
自分がアホだった事に気付きました
やっぱり医学は日々進歩進化してますね

傷が出来た時にどう対処した方が良いかが専門的に書いてある
今までの常識が完全に覆る 知識です

今まで信じて来たのは 何だったのだろう
最新の医学的知識を貴方も読んでみてください
吃驚 吃驚 です

傷を魔法の様に速く、痛くなく治す方法が詳しく明記されてます


創傷ケアの「常識の嘘」
-----------------------------------------------------------------

 下記に述べることは正しいことだろうか? 正しい項目に○をつけて
 欲しい。


・傷(裂傷,挫傷,縫合創,熱傷,褥瘡など・・・)は必ず消毒する。 消毒しなければいけない。

・傷は消毒しないと化膿する。傷が化膿しないように消毒している。
 傷が化膿したので消毒する。

・傷にはガーゼをあてる。

・傷は濡らしてはいけない。縫った傷は濡らしてはいけない。

・痂皮(カサブタ)は傷が治るときにできる。痂皮ができたら傷が治  る。
 
 恐らく,現役の医者・看護婦のほとんどのこれらに丸を付けるのでは ないだろうか?


-----------------------------------------------------------------

 実はこの全てが間違っている。この通りにすると,傷の治癒は遅れるばかりだ。つまり,大部分の医療従事者は間違った知識を持っている。


-----------------------------------------------------------------

 正しい知識は次のようになる。


1.傷は消毒してはいけない。消毒は,傷の治癒を遅ら妨害しているだ  けの無意味で愚かな行為である。。

2.消毒しても傷の化膿は防げない。傷の化膿は別のメカニズムで起こ  っている。

3.化膿した傷を消毒しても,治療効果は全くなく無意味である。
  傷(特に皮膚欠損創)にガーゼをあてるのは,創治癒を遅らせる行  為である。

4.傷はどんどん洗ったほうが良い。傷の化膿の予防のためにも,治癒  を促進させるためにも最も効果がある。縫合した傷も洗ってよい。

5.痂皮は傷が治らないときにできる。痂皮は創治癒がストップしてい  るからできている。痂皮は創治癒の大敵である。



--------------------------------------------------------------------------------

 以下,このような「常識の嘘」を糾弾し,正しい創傷ケアに関する知識を解説してゆく。上記の「常識の嘘」のどこが間違っているかが理解できれば,もうあなたは創傷治癒のエキスパートといえるだろう。



何ですか???? ばかりでしょ


特定医療法人慈泉会相澤病院 傷の治療センター
夏井 先生が作られているページは
下記のURLより どうぞ
(リンク及び内容の引用も先生ご承認済みです)
新しい創傷治療 -顔面挫傷例
新鮮外傷,とりわけ挫傷,擦過傷(すりむき傷)
  驚異的な治癒の速さだけでない。何より「治療に伴う痛み」が皆無
かさぶたを作らない治療説


消毒とガーゼの撲滅を目指して

新しい創傷治療
夏井先生
http://www.wound-treatment.jp/



ラップ療法OpenWTとは、「傷を消毒をしない,抗菌薬を使わない,閉鎖しない,ガーゼを使わない,ドライドレッシング(ユーパスタ,カデックス)を使わない褥創の局所療法」です

褥創(褥瘡)の
ラップ療法/開放性ウェットドレッシング療法
鳥谷部先生
http://www.geocities.jp/pressure_ulcer/
スポンサーサイト

テーマ: 各種療法
ジャンル: 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

最近のトラックバック

Designed by yukihirotsutsumi (template: universe3c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©      Oh- (ジョニー) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。