天使MO笑UNO

天使のお陰で凄く幸せな笑顔に包まれている仙人パパの全てがリアルな話 恋愛 結婚 離婚 趣味 子育て スピリチュアル 趣味 アンチエイジング

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しき街仙台 世界の中心仙台  2-

2006-11-04
結婚 離婚 育児 子育て 教育 ブログ
昨日の続き

そして宮城の仙台に移り住み間も無く
大阪でホテルマンをしていた養父が
小さなスナックを母と二人で始めた
小さな小さな滝

母は4歳と0歳の妹と弟を店に連れて行き
夜7時~8時頃に成ると
店で作った僕のご飯をタッパーに入れ妹と弟を家に残し
店に戻った


養父と母が家に戻るのは深夜
その間 二人の面倒を僕が見る
ぐずると オシメを見て あやし
時間が来るとミルクを作り遣る


そんな状況が数年続く
中学校では関西で一年で習った内容が仙台では2年生で習ったり
逆の場合も在ったので
勉強が益々嫌いに成って来た


両親に話を少ししたが
頑張れと云われるだけ マッ家の状況からそれどころでは無いのは
中学生にも理解できた


高校受験に成り
養父は公立高校以外は駄目と云われたが
母が先生に言われたのであろう 
私立も一応受けた


当時関西では誰でも高校に行けた
(兵庫県芦屋市ではかも知れないが関西圏はこんな傾向)
頭が良くてお金持ちは 私立
まあまあの人は 市立
落ちる人が誰も居ない 県立


誰でも入れると思って居た市立に落ち
私立の高校に入学
仙台は関西と逆で 一番市立 二番県立 三番私立)
高校に入ってビックリ


仙台でも一番のマンモス高校
(悪とツッパリのデパートの様な学校)
そして入学式の日
クラスが発表され
教室に入り黒板に書かれていた席に座ると同時に


後の席の子が
オイ お前 何処中学だ? と 聞いてきた
○○○中学だよと云ったら


フーンと 偉そうに彼は言い放った
キョロキョロ周りを見回していると
イキナリ 先ほどの彼が
左手で胸元をつかみ黒板の前まで連れて行かれ


右手でほっぺたに 思いっきりパンチを喰らった
と同時に お前 ガンつけたな
ハー (ガンって何 メンチ切ってるって事かな~と思いながら)


是は一発 先制 パンチを僕に浴びせる事で
クラスの皆に 一目置かれたいんだと 
やっと 状況判断が付き


ワレ なめとんのか~ と僕は 怒鳴り
緩やかに右コブシを挙げた 瞬間
左右に二人ずつ
両手を持たれ 止められた


エッ 殴られた僕が何で???????
こいつら グルか~ (関西では つれ だち)
所が違った
止めとけと体格の良い独りが僕に言った


止めた彼は将来ラグビー部のキャプテンに成る
(彼は運動バツグン 勉強数学のみクラス一 他駄目)
仕方なく 席に戻ると同時に先生がやって来た


その 事件で僕は高校三年間何故かツッパリ達に一目置かれた
僕を殴った彼は次の日謝って来て仲良く成った
(彼は後日語った 可也体格の良いツッパリ達が居たのでアクションを先に起こして一目置かれたかったらしいが、実際には逆に成った)


数日経つとクラスの半数が ボンタン ドカン ハイカラー 長ラン
中ラン リーゼント アイパー パンチパーマ 薄い鞄 と言う
ツッパリファッションの集合体に成った


そんな中僕は普通の制服にチョイ薄い鞄
髪型は横分けにボタンダウンにリーガルの革靴と言う
当時流行りだしていた トラディッショナルな格好で3年間過ごした


高校1年の夏 家の近所の小学校の夏祭りに
中学校の同級生達と待ち合わせをして遊びに行った
すると間も無く
他の 中学の同級生に 暗闇に連れて行かれ


お前昔から気に食わなかった
なまえきなんだ あやまれ と 訳の解からない事を云われ
土下座してあやまれ と 3-4人に囲まれ


マッ 僕としては アホに構ってられないと思い
土下座してあやまる
そして 面白く無さそうに 何故か去っていった


そして友人達の所に戻ると
友達のヤクザの兄貴が来ていて 何で土下座してたんだと聞かれ
説明すると 俺が敵を取ってきてやると息巻いて行こうとする
(何故か 友人の兄のヤクザに気にいられていた)


止めてよ
何で?
僕は 集団でいじめるのは 卑怯だし
根性が無い奴らのやる事で・・・・・・と説明した


何で 何時も そんなに冷静に大人みたいなんだ お前はと
ヤクザに云われた


そして 僕は 関西では実は やんちゃで
幼稚園の時に友達を突き飛ばし
頭を縫う怪我をさせた事や


小学校2年生の時は
新任の担任を泣かし 
6年生まで僕の名前を知らない生徒は居なかった事や


4年生の時に転校生と放課後公園で遊び
泣かされた事を 次の日全校生徒が知っていた事
又其れを 関西に居た中学1年まで
クラス替えの度に女の子に聞かれた事


又中学校一年の入学と同時に2年生の番長に締められそうに成ったので
頭にきて 足で蹴り階段から突き落とし
下でうめいていた2年生を上から踏みつけた事


色々な話をして 
ケンカは殴っても 殴られても痛いし
僕が頭に来ると見境が付かなくなるので 自分が怖く
仙台に着てからは 心を入れ替え
ケンカはしないと決めた事 等々を 夜遅くまで話した


続く









スポンサーサイト

テーマ: 自作小説
ジャンル: 小説・文学

tag : 仙台 ボンタン ドカン ハイカラー リーゼント パンチパーマ 土下座

コメントの投稿

非公開コメント

最近のトラックバック

Designed by yukihirotsutsumi (template: universe3c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©      Oh- (ジョニー) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。