天使MO笑UNO

天使のお陰で凄く幸せな笑顔に包まれている仙人パパの全てがリアルな話 恋愛 結婚 離婚 趣味 子育て スピリチュアル 趣味 アンチエイジング

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の初詣 佐倍乃神社(さえのじんじゃ)(笠島道祖神社)

2011-01-29
結婚 離婚 育児 子育て 教育 ブログ
DSCN0218.jpg
初詣と言えば 青葉神社 八幡神社 竹駒神社 塩竃神社 愛宕神社等々が主流ですが
今年の初詣は一寸違う
名取市愛島笠島にある
佐倍乃神社(笠島道祖神社)という所に友人に連れて行ってもらいました
初めての神社だったのですが
一歩足を踏みいれてた瞬間
物凄く懐かしい風を感じました
伊勢神宮の風日祈宮(カゼノヒノミヤ)とは違いますが
DSCN0216.jpg


赤い鳥居の前には 阿吽の狛犬が鎮座ましまして
鳥居をくぐり又門を潜ろうとすると
門の左右には仁王像等が飾ってある場所には
DSCN0213.jpg
DSCN0215.jpg
この様な武家の格好の像が赤い装束と 青い装束を身にまとい
正装された格好で鎮座ましましておられました
手水を使わせて戴き
お参りをさせて頂きました
DSCN0212.jpg
そして由緒を読むと祭神は猿田彦大神と天鈿女命(あめのうずめのみこと)

佐倍乃神社(笠島道祖神社)由緒

   
佐倍乃神社は、元禄二年五月俳聖松尾芭蕉の「奥の細道」行脚の時に、
「笠島はいづこ五月のぬかり道」と詠んだ句にある名取市愛島笠島に
鎮座している神社で、旧社号を笠島道祖神社と称しました。
祭神は猿田彦大神と天鈿女命で、景行天皇四十年の日本武尊御東征の時から
毎年四月二十日を祭日としています。
慶長七年(1602年)野火に遇い、社殿及び古来の宝物、文書等一切焼失しましたが、
後柏原天皇の時大永二年(1522年)十月二十三日本殿造営されました。
文禄元年(1592年)二月十五日伊達政宗公社殿の修繕、
又元禄十三年(1700年)十月十九日綱村公拝殿を修造し
祭田二貫文を寄進する等歴代の藩主公厚く尊宗されました。
祭神の猿田彦大神は、天孫降臨の際道をお開きご案内したことから
道の神と、又御夫婦の神である天鈿女命と共に人間生活の道を守る
ところから縁結び、夫婦和合の神と祀られており、例祭日には宮城県
無形文化財に指定されている出雲流の「道祖神神楽」が奉納されています。
尚平安朝時代の長徳四年(998年)陸奥守に任ぜられた藤原実方中将朝臣が、
赴任途中当社の前を通過した途端落馬し、一命を落とした事は歴史的に
有名であり、その墳墓は当社より北方約七00米の塩手字北野にあります。


 サルタヒコ大神は( 白鬚明神ともよばれている)
天孫降臨の際に道案内をしたということから、道の神、旅人の神とされるようになり、
道祖神と同一視された。
そのため全国各地で塞の神・道祖神が「猿田彦神」として祀られている。
妻とされる天宇受売神(アメノウズメノ神 とも読み書きする)とともに祀られるのが通例であるそうです 
また子孫である大田命、内宮の興玉神とも同一視される。 さらに江戸時代に入って
「サル」の音から庚申講と結び付けられたほか、垂加神道では「導きの神」として
神道の「教祖」とされるなど複雑な神格を持つ。


アメノウズメ命は、天岩戸に隠れたアマテラス大神を外に誘い出すために熱狂的な踊りを披露したことから、
日本の芸能のルーツとされる女神である。
『日本書紀』に「巧みに俳優をなし」アマテラス大神に愛されて側近として奉仕し、
その心を慰める役目を果たし、その後、二二ギ尊の天降りに随行して地上に降ることになった。 
その途中、天八衢で赤い目をランランと輝かせた怪しい神がニニギ尊一行の前に立ち塞がった。
そこでアマテラス大神に命じられたアメノウズメ命が、その不審者の前にたちはだかって詰問し、
相手の身分が国つ神のサルダヒコ命で、実は地上から二二ギ尊の道案内をするために
分かれ道まで迎えに来たことを明らかにした。
 これが縁となってのちに二神は結婚。サルダヒコ神の故郷である伊勢国(三重県)に住み、宮廷祭祀の鎮魂祭や大嘗祭などに関わる猿女君の祖神となったという。


DSCN0211.jpg

幼少の折から神社仏閣を遊び場として又癒しの場として愛でて居た私に
又新たな 憩いの場所が一つ増えた事は本当にうれしい限りです

懐かしくなって昔書いたブログ見つけたので
部分的に貼り付けまします
森羅万象に何故興味があるのか
http://11884.blog43.fc2.com/blog-entry-127.html

生まれ育った故郷のご近所の遊び場一例
阿保親王塚古墳 
http://www.trans-usa.com/ashiya/shinnoudzuka.html
金津山古墳(黄金塚)
http://www.trans-usa.com/ashiya/koganeduka.html
打出神社 
http://www.trans-usa.com/ashiya/u_jinja.html

神社仏閣好きの祖父母に良く連れて行かれていた神社

いくたまさん 生国魂神社 天王寺区
いしきりさん 石切神社 東大阪市
えべっさん 西宮戎神社  西宮 
おだいしさん 四天王寺 
こうじんさん(きよっさん) 清荒神 宝塚
こうぼうさん 東寺 京都
すみよしさん 住吉大社 大阪市住吉区
くまのさん  和歌山
こうやさん  和歌山
兵庫 奈良 京都 大阪 和歌山 等名前を思い出せない位沢山


打出図書館
http://www.trans-usa.com/ashiya/oldLibrary.html)

佐倍乃神社 さえの神社にご興味の湧かれた方はどうぞ
http://www.genbu.net/data/mutu/saeno_title.htm
スポンサーサイト

テーマ: 癒し・ヒーリング
ジャンル: 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

最近のトラックバック

Designed by yukihirotsutsumi (template: universe3c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©      Oh- (ジョニー) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。